ヘアアイロンを効果を十分に引き出す正しい使い方

タイプ別ヘアアイロンの正しい使い方をご紹介します。

愛用しているからこそ!ヘアアイロンの正しい使い方

毎朝のヘアセットやヘアアレンジによく使用するヘアアイロン。
中には毎日使用しているという方も多いことでしょう。

ヘアアイロンは髪の毛をツヤツヤのストレートにしたり、ふわっと可愛らしいカールスタイルにしたり、好きなスタイルにできることでとても便利なものですよね。
しかし、「使用すると髪が痛む」というイメージを持たれています。

「ヘアアイロンを毎日使用していたら髪の毛がパサパサになってしまった」
「綺麗なストレートヘアにならなくなった」 など、高温で強力なヘアアイロンは髪にダメージを与えてしまうものでもあります。

ヘアアイロンの正しい使い方を知っていますか?
自己流で使用している方がとても多く、残念ながらそのほとんどが間違った使い方をしてしまっています。
これでは髪に大きなダメージを与えてしまうだけでなく、せっかく綺麗にスタイリングしても持ちが悪くなってしまいます。
ヘアアイロンの効果を十分に引き出すためにも、正しい使い方をマスターしましょう。

ヘアアイロンはタイプによって正しい使い方や適正の温度で使用しなくてはなりません。
同時に、毎日のヘアケアをすることがとても大切です。
最近のへアイロンは従来より髪に優しいものが増えていますし、正しく使用すれば髪へのダメージは少なく、更にスタイリングが長続きする効果もあります。

今回はタイプ別ヘアアイロンの正しい使用法や使用する際の注意点など、より効果的な使い方をご紹介します。

ヘアアイロンを使用すると髪が痛む?

ヘアアイロンを使っていたら気付けば髪はパサパサに、ヘアスタイルの持ちも悪くなってきた、ということはありませんか? もしかしたら間違った使い方をしているかもしれません。 正しく使えば髪へのダメージを抑えながら綺麗なヘアスタイルを作ることができます。 ここではヘアアイロンの正しい使い方をご紹介します。

ヘアアイロンにはどんなものがあるの?

ヘアアイロンは大きく分けて3つのタイプがあります。 髪の毛を真っ直ぐにするためのストレートアイロン、髪を巻くカールアイロン、自然なストレートヘアや巻き髪など軽めなスタイリング向けのブラシ付きヘアアイロンです。 自分のしたいヘアスタイルに合わせて使用するアイロンを選びましょう。

タイプ別でも共通するヘアアイロンを選ぶポイント

最近では髪が傷みにくいヘアアイロンも増えています。 髪にあまりダメージを与えないためにもアイロン選びは慎重に。 ストレートにしたいかカールにしたいか作りたい髪型の他に髪の長さに合ったサイズ、すべりが良いもの、温度調整ができるもの、この3つはアイロン選びで押さえておきたいポイントです。